活動分野

防衛・航空宇宙

Defence27年以上の電子機器製造の経験を持つケインズは、8年前から防衛・航空宇宙事業に携わっています。インドの「NAVARATHNACOMPANY」の1部門であるBharath Electronics Ltd(BEL)社に、「最も優れたサプライヤー」に選ばれました。ケインズは、AS/EN 9100の認定を受けた2つの生産施設を所有しています。加えてIPC 610 クラス3標準を忠実に準拠するケインズのインフラは、すべての航空宇宙製造に適しています。他にもANSI S20.20 と IEC 61340認定施設もあります。社内には IPCのトレーニングを受けた主任監査員もいます。

鉄道・交通機関

railway2002 年以来、鉄道・地下鉄の信号でほとんどのOEMに対し、鉄道・地下鉄の信号を製造しています。アメリカのユニオン・スイッチ&シグナル社が連動システムを世界市場向けに生産開始したことが始まりでした。ケインズは、製造においてSIL4サブシステムの最高位の認証を受けています。

ケインズは、さまざまなタイプの信号機器をOEMと、ターンキーでの長期契約で製造しています。更にOEM向けに配電器を設計・製造する力があります。
つまりケインズは、地下鉄・鉄道共に、国内マーケット同様、グローバルマーケット向けのオンボードを機器しています。OEM向け製品製造のグローバル製造業者であり、戦略的供給者です。

ケインズは、国際鉄道標準IRISが認証された初のインド企業でもあります。

ヘルスケア

healthcareケインズは、OEM向けの患者モニタリングシステムの製造を通して、1995年以来医学分野にも従事してきました。ISO13485に認定され、米FDAの監査も受けています。そしてケインズは複雑な診断 、臨床試験装置を国内外へむけて製造しています。2016 年までにクラス100,000の無菌室の製造を行う予定です。

自動車

autoケインズはEMS企業として、有名なOEMであるホンダ、Maruthi、ヤマハ等のティア2サプライヤーです。海外に拠点を置く有数の製造業者群と戦略的、パートナーシップを結んでおり、海外への輸出と同様に、インド国内のほとんどのOEMに製品を供給しています。現在、ケインズはIATF 16949規格が認定されている 3つの施設を所有しています。これらの施設は、インド中に拡大しており、お客様に、継続的ビジネスを提供しています。

ケインズは、テール ランプに使うようなLEDを組み立て、半組み立てを行っています。ケインズの製造施設には、ジャストインタイム(JIT)のコンセプトを理解し、設計を通した製造、試作、パイロット及び、製造のフェーズで利用するAPQD/PPAPのトレーニングを受けたスキルの人材が配属されています。

IT・通信

itケインズは12 年前からプリンターメーカーのPCBを製造しています。情報・通信事業分野のフォーチュン500の企業から認められた独立系ハードウェアベンダーです。この分野においてケインズは、子会社であるKEMSYSを通じて組込み設計をサポートし、お客様のコンセプトから製品を提供する協力を行っています。

電力・エネルギー・工業オートメーション・制御系

powerケインズは、創業以来この分野で活躍してきました。さかのぼる事1995年に、ISO9000が、認定されました。ケインズの所有する全ての施設は、ISO9001に認定されています。