紛争鉱物に対する方針

データ収集: 2006 年以来、ケインズは、OEMへ RoHS、REACH と他の業界標準データを提供しています。

data一般的な紛争鉱物である、コルタン、錫石、ゴールド鉱石、の4つは紛争地帯で採掘され、コンゴ民主共和国の東部の州で販売される鉄マンガン重石は、この地域での暴力や搾取に関係しています。紛争鉱物の錫石、鉄マンガン重石のコルタン、金鉱石はコンゴの東から採掘されます。それ以外の場合、3TGと言われる様々な仲介者を通過して運ばれます。

国際機関は紛争地帯との貿易を減らす取り組みをしました。

米国紛争鉱物法には、2つの条件があります。

  • 独立した第三者機関のサプライチェーンの追跡監査
  • 監査情報の公共と SECへの報告

data1すべての電子工学企業は、紛争鉱物年報 SEC のレポート作成要件に従う企業には「コンゴ民主共和国フリー」として製品の開示とレポートを提出する必要があります。

私たちは電子機器メーカーで、サプライチェーンを担う1社として誠実であり、紛争鉱物方針に最大限の努力を投じております。

  • 3TGに適用される標準フォーマットに忠実で、業界によって規則として定められている全てのデータレベルに準拠しています。
  • 国際規範によって必要に応じて全て3TG項目対応部品表チェックを実施します。